男が好んで女性の使用済みの下着を買う理由

女性の皆様からすると謎ですよね。一体なぜなのか?それは登山家になぜ山に登るのか?という質問をするのと同じで、「そこに山があるから」じゃないですが、「そこに下着があるから」、「そこに下着を売ってるから」それが理由です!って言っても納得できませんよね(笑)。

まず、男性は女性の下着を見たい!という衝動に駆られる生き物であります。これはどんな男性でもそんな心理は働くはず。街でパンチラとか見かけたら嬉しくなるものです。それで理性が働かなくなった人たちが盗撮とかしちゃうのです…。ここから今度は視覚的な欲求から、女性の下着が欲しい、手に入れたい、という欲求が生まれる人も。女モノのパンティを触りたい…という触覚的欲求に。さらにさらに、臭覚的欲求を満たしたくなり、臭いを嗅ぐのです。そして性的欲求が満たされる。こうなる人たちが女性の下着を買うのではないでしょうか。世間一般的に言われる臭いフェチですよ。

なんといいましょうか、男性は探究心が強いとでもいいましょうか、秘められた事に興味を示すんです。ですから、女性器を包み込んでいる人妻の使用済みパンティはどんな物なんだろう、どんな臭いがするんだろう、と知りたくなってしまう。たぶん、世の男性の大半が女性の下着を匂ってみたい、もしくは匂ったことがある、という人たちばかり。でも、実際には臭い嗅ぐ機会がないとか、匂ったけど思っていたのと違っていたので後悔した…とか、人それぞれのはず。こうした人たち以外の、パンティの臭いの虜になった人たちが下着を買ってでも匂いたいのではないでしょうか。

ここで、匂いフェチな人たちの種類も枝分かれしていきます。初級の匂いフェチは可愛くて美人が履いてた下着の匂いを嗅ぎたい。それも微香な匂いの物を好む人たち。この上を行く中級クラスの匂いフェチになると、可愛くて美人が履いてた下着の匂いを好むのはもちろん、分泌物や排泄物、血の臭いも含めた激臭を好む人たち。さらにその上を行く上級者ともなると、対象の女性が若かろうが年配だろうが美人だろうがブサ◯クだろうが、関係なく、臭いも微香から悪臭まで全てを愛する人たちです。このように分類でき、中級者や上級者がネットなどで女性の使用済下着を購入しているのでしょう。中には脚フェチカテゴリに属す男たちの中にも匂いフェチは存在し使用済みの人妻パンストの匂いや温もりを好む人も多くいます

ちなみに上級者ともなれば使用済下着が偽物か本物かくらい嗅ぎ分ける能力を身につけています。まるで犬のような嗅覚ですよ。そんな人たちがいるから、使用済下着は売れるのです。買う人がいるから売る人もいる。ギブアンドテイク、パンティ!ってことです(笑)。
本気な匂いフェチの研ぎ澄まされた臭覚

人妻熟女とフェチプレイ